安眠マットレス >> マットレスの選び方

□sponcor-link


3種類の機能性マットレス(敷布団)の選び方(比較ポイント)

マットレス・敷布団 基本的に、自分に適した”マットレス・敷布団”を見つけ出すには、やはり実際に試してみる (使用してみる)ことが一番です。ただ・・3種類の特性の異なるマットレス (高反発、低反発、体圧分散)を短期間で買い替えする のは、現実的ではありませんよね。

ゆえに、まずは自分自身がなかなか安眠を得られていない理由となる要素を見つけてみる ことが「マットレス選び」の最初の一歩となります。自分なりに考えてみた要因を解決 してくれる機能を有した、マットレスを最初に購入・使用してみる・・そんな手順で 推進してみてはいかがでしょうか。

腰痛・体の痛みを軽減してくれる敷布団・マットレス特集!!


安眠マットレスcontents


要因1.肩や腰・背中など身体全体な”痛み””疲労感”及び局所的な”痛み”を感じる。

睡眠時及び寝起き時の状況を考えたとき・・身体全体的に”痛み””疲労感”を感じる ことが多いと思う方は、「寝返りが上手く行えていない」可能性がありそうです。 その中で、特に「首が痛い」といった場合には、”枕の高さ”が適していない可能性がありますので、 マットレスと同時に枕の見直しも必要かもしれません。

□sponcor-link
いずれにしても、「寝返りが上手くできない」・・こんな要因を一番に考えることが出来るときには 「高反発マットレス」がおすすめです。”低反発マットレス”だと、身体が沈み込みやすくなるため 、”寝返りに力が必要となってしまう”人もいるもの。低反発マットレスを使用していて・・ 身体が痛いと感じることがある人は、「高反発マットレス」への買い替えがおすすめとなりそうです。

高反発マットレスは、その”反発力”によって、寝返りを促してくれる作用があります。 自分で上手に寝返りが出来ていない人は、「反発力の補佐」によって、改善できる可能性 がありそうです。

高反発マットレス「airweaveエアウィーヴ」 の詳細・ご購入はこちらから参照ください。


要因2.”固さ感”が苦手と感じる人。骨格の歪みが大きい方。

感覚的に、”固さ感”を感じてしまうと、睡眠自体が浅くなり・・安眠を得れないという人 及び、骨格の歪み(湾曲)が大きい人は、低反発マットレスが適している可能性がありそうです。 低反発マットレスは局所的な反発力がとても低くなるように作られています。 ゆえに、居所的な刺激・負担が軽減されるのです。 実際には、素材としては「固い」わけではなくとも、固さ感覚を感じてしまうことはあるもの。 それは人それぞれの感性によって変化します。

また、低反発マットレスの機能を活かすためには、「室内温度環境・湿度環境」が年間通じで あまり変化が少ない環境であることが必須要素となります。夏場は、きちんと冷房を上手に 活用しながら、睡眠を取る・・そんな睡眠習慣のあることが条件となっています。

トゥルースリーパー プレミアム/オーバーレイマットレス の詳細・購入はこちら。
トゥルースリーパー コンフォート/敷布団タイプ の詳細・購入はこちら。


要因3.特に睡眠時の”腰痛”を感じることが多い場合。

実際には”腰痛”といっても、様々な状況・要因がありますので、一概には言えませんが・・ それでも、基本的に「腰痛を持っている人」「睡眠時に特に腰痛を感じやすい人」の場合、 マットレスが「固すぎ(高反発)」ても「柔らかすぎ(低反発)」ても、腰痛が誘発される 要因となりやすいものです。

ゆえに、そんな人は・・中間的な機能を有している「体圧分散型マットレス」がおすすめ。 適度な反発力と、体重を局所に集約せずに優しく包み込んでくれる感覚とのバランスに 優れているのが「体圧分散型マットレス」だからなのです。”寝返りが上手く出来ていない” という要素を有している人にとっても、適したマットレスとなる可能性がありますので、 原因がはっきりわからない・・という場合には、まず体圧分散型マットレスを活用して みてはいかがでしょうか。

体圧分散型マットレス【雲のやすらぎ】 の詳細・購入はこちらから。

□sponcor-link


Bookmark